鍵の種類に応じた対応・鍵トラブルの解決方法

開錠不可能・破損・紛失の全てに対応する鍵屋

キャリーケースのカギには種類がある

鍵の種類は非常に多く、規格や構造など何パターンにも及びます。ここでは、キャリーケースに使用されている代表的な鍵の種類を特徴ごとに紹介していきます。

鍵の種類

ダイヤル式タイプ
3~4桁の番号を自由に設定して、鍵をかけることができます。鍵を差し込む必要がないという便利な一方、セッティングした番号を忘れてしまうトラブルも多いです。また、移動の際にダイヤルがずれしまい、開錠ができないことも。無理に開けようとせず、鍵屋に依頼して対処してもらいましょう。
シリンダーキータイプ
小さな鍵で開錠するタイプです。スペアキーも付いていますが、通常の鍵と異なり小さい形状のため紛失しやすくなっています。また、スペアキーの保管を行なっていても、外出時のトラブルでは成す術がありません。緊急時は鍵屋に依頼しましょう。
マグネットキータイプ
電磁力を利用した、特殊な施錠となっています。防犯性が高いのにワンプッシュで開くという利点から、スーツケースやキャリーケースにも使用されています。このタイプは開錠に技術を要するので、事前に確認して鍵屋を探しましょう。

開錠方法を試したけど開かない場合は…

鍵を新規作成し、開錠する方法もあります。特殊な鍵穴の場合は、作成できないこともありますがシンプルな構造であれば、現地で対応することができます。鍵の作成も現地で見積もりをした結果、納得してもらってからの作業となります。ピッキング作業で対応できない特殊な鍵については、利用者の判断に基づいて破損が生じる解除作業となります。この方法で解除すると、原型を留めることができないので、十分に考慮してから判断してください。

業者に任せるのが安心・安全

作業員男性

旅行先で起こる鍵トラブルは、業者に任せた方が効率良く解決することができます。開錠にかかる時間や手間、クオリティから考えてみても、プロに依頼する方が安心だと言えます。苦い思い出を増やす前に、鍵屋を頼って楽しい時間を過ごしましょう!

TOPボタン